使用例

ビジネスシーンで:

  • where manual thinkingマニュアルシンキングは職場において、効率良くクリエイティブに仕事を整理し進めていくための強力なツールになります。戦略、プラン、プロセスなどを視覚化し、テーマを明確にしてその場で参加者のインプットを集めることができるので、アクティブで効果的な会議を行うことができます。マニュアルシンキングを使えば、意見の相違による対立や立場の違いによる不要な遠慮や緊張を排除しながら、簡単にしかもダイレクトにチーム全員の意見やアイディアを出しあって共有できますし、会議中にその場で皆が意見やアイディアを出して働くということに高い価値を認められるようになります。このツールはグループでの作業に最適で、しかもさまざまな創造的思考、アイディア形成のメソッドと組み合わせて使うことができます。
    その事例はこちら

教育の現場で:

  • 小学校から大学まで、マニュアルシンキングを使ってさまざまな課題を整理したり、あるテーマについて深く学ぶことができます。宿題のプランや提出日を表にしたり、グループ内でプロジェクトを共有したり、授業中にシールにどんどんメモをとって後からそれらの関係性を視覚的に整理することで、そのトピックより深く完全に理解することができるでしょう。あるテーマについて手を使って視覚的に作業しながらマップを作るという作業は、そこに記述された情報を自分の中に取り込む手助けになるはずです。
    その事例はこちら

家庭で:

  • 家庭でも、マニュアルシンキングを使って家族の用事やタスクを整理して視覚化したり、週ごとのメニュー表を作ったり、旅行や休暇などの予定や計画を立てたりといったさまざまなことができます。
    その事例はこちら